顔がくすんでいると、見た目が暗くなってしまいますし、他人に与える印象もマイナスです。肌は年齢を重ねるたびにどうしてもくすみやすくなりますし、毛穴の中につまっている皮脂や汚れなどが酸化してくすみの原因になってしまうこともあるため、くすみ取りのためには普段のスキンケアタイムを上手に活用しながらお手入れすることが必要です。

 

顔のくすみを取るためには、まず正しい洗顔を心がけることから始めましょう。毛穴の中に汚れが詰まっていても、また肌表面の角質が分厚くなっていても、肌はくすみやすくなってしまいます。くすみをすっきりと解消するためには、普段の洗顔では毛穴の中に汚れを残さない洗顔方法を心がけることが必要ですし、肌表面の古い角質をすっきりと取り除くために定期的なピーリングをすることも良いでしょう。ただし、ピーリングは肌質に応じて頻度を決めることが必要で、商品には「週に1回か2回」と書かれていても、敏感肌や乾燥肌の人にとっては週に1回のお手入れでもやりすぎということがあるので、肌の調子を見ながら頻度を決めることが大切です。
くすみ対策で人気の洗顔はこちら

 

また、化粧水を選ぶ際には、毛穴を引き締めて中に汚れが詰まりにくい状態にできる商品を選んだり、たっぷり保湿をすることで肌のきめを整える作用があるものを使うようにしましょう。くすみというと解消するために美白効果が高い化粧水を選ぶ人が多いのですが、美白作用がある化粧品でのお手入れは、くすみ取りという点では一時的なものでしかありません。しっかり洗顔を行って毛穴をきれいにした上で美白化粧水を使ってあげることで、より確実なくすみ取り効果が期待できます。
くすみ対策で人気の化粧水はこちら

 

生活習慣を見直すことも、顔のくすみ取りと大きな関係があります。例えば、睡眠不足や慢性的な疲れはくすみの原因になりますし、血行が悪くてもくすみの原因になるので、マッサージをしたり適度な運動をすることもまた、くすみ取り対策となります。ストレスを溜め込んでも顔はくすみやすくなりますから、ストレス解消法をいくつか実践することも、顔のくすみ取り効果が期待できます。