顔は自分からも他人からも良く見える場所なので、ちょっとしたくすみも目立つ場所。顔を含めて肌がくすんでしまう原因には、メイククレンジングが不十分だったり、睡眠不足などで肌の新陳代謝が正常に行なわれていなかったり、冷え性や偏った食生活など、色々な原因があります。その中でも、肌のほかの場所はくすんでいないのに、顔だけがドンヨリくすむような場合には、もしかしたらメイク落としが十分ではないのかもしれません。毎日のメイクはその日のうちにクレンジングで落としてしまうのが基本。翌朝までメイクを持ち越さないように、徹底したダブル洗顔をする事が必要です。

 

体のほかの部分は衣類などで覆われていますが、顔は24時間いつでも空気に触れている場所。そのため、顔につく汚れも、毛穴から分泌される皮脂や汗などのほかに、空気中の細菌やゴミ、チリ、などたくさんあります。また、ファンデーションなどのメイクアイテムにはオイル成分が含まれているため、毛穴に少しでもメイクが残っていれば、それが酸化して黒ずみ、肌のくすみの原因にもなってしまいます。

 

顔のくすみは、毎日の洗顔でリセットする方法が理想的。メイクをした日は必ずクレンジング剤でメイクを確実に落としてから、泡洗顔で毛穴の中に詰まりやすい汚れなども確実に洗い落としてあげましょう。慢性的な顔のくすみが気になる場合には、ピーリングやスクラブなど、肌表面の角質を強制的に取り除く事が出来る集中ケアなどもおススメです。

 

また、肌をくすみにくくするビタミンCなどがたっぷり配合されているスキンケアを使うのもお勧めです。抗酸化作用があるビタミンC、肌の質を細胞レベルで改善することができるNMFやEGF、そして肌に透明感を与える事が出来るヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分がたっぷり入っているスキンケアを使って、くすみにくい肌質を目指すのも良いでしょう。美白ケア用スキンケア、アンチエイジング用スキンケアなどには、こうしたくすみ防止成分もたくさん配合されているので、ぜひトライしてみてくださいね。