顔だけではなく、肌全体がドンヨリして透明感を感じられない場合には、もしかしたら肌全体がくすんでいるのかもしれません。肌のくすみは、肌の内側からも外側からも起こります。しかし、腕の内側など、普段なら透明感がある部分の肌もドンヨリしている場合には、体の内側にくすみの原因がある事も多いようですね。

 

顔だけではなく肌全体がくすんでいる場合には、
・体の冷え
・睡眠不足
・ストレス
などが一般的な原因です。例えば、体が冷えると血行が悪くなってしまうので、肌細胞に新鮮な酸素や栄養が運ばれにくくなってしまいます。肌のくすみを根本的に改善するなら、まずは冷えを改善する事から始めるのも良いでしょう。例えば、お風呂はシャワーだけですませずに湯船に浸かって体の芯から温めるように工夫したり、体が冷えないように家の中でも靴下を履くなどするだけでも、体の冷え具合に違いが現れますし、それが肌のくすみ改善にもつながります。

 

睡眠不足やストレスなど生活習慣のバランスが崩れてしまうことは、肌のくすみにも直結してしまいます。生活習慣が乱れると、皮脂分泌が過剰になるので肌の表面はギットリしてニキビができやすくなってしまいますし、睡眠不足は新陳代謝や肌のターンオーバーがきちんと行なわれない原因にもなってしまうため、古い角質が肌の表面から剥がれ落ちずに乾燥して硬く厚くなってしまいます。

 

食生活も肌のくすみと大きな関係があります。糖質や脂質がたっぷり含まれている欧米的な食事は、皮脂分泌が過剰になって肌がくすみやすくなりますし、肌の透明感をアップさせるミネラルやビタミン類が不足しやすくなってしまうので、肌の透明感がなくなりやすくなってしまいます。食生活で肌のくすみを解消するなら、アッサリした和食系の食生活が良いかもしれませんね。

 

肌のくすみを改善するためには、毎日の生活習慣や食生活の中で少しずつ肌がくすみやすい要素を取り除いていく事が大切です。