肌がくすみやすい人は、肌のトーンをカバーする効果のある化粧下地を上手に活用する事もおススメです。化粧下地は、ファンデーションを塗る前に肌のトラブルをカバーしたり肌の凸凹などを補正することによってファンデーションのノリを良くする効果が期待できるベースメイクアイテムです。化粧下地を塗らずにそのままファンデーションを塗ってしまうよりも、下地を塗って肌とファンデーションとの間に一つのレイヤーを入れてあげるだけでも肌のくすみを改善する事ができます。

 

くすみを改善したり予防したりする効果がある化粧下地を選ぶ場合には、自分の肌トーンに合わせた下地のカラーを選ぶのがおススメ。例えば、赤ら顔系のくすみが気になる場合には、赤身をカバーする効果があるグリーン系の化粧下地が効果的です。色白で病的に見える肌質の場合には、オレンジ系ではなくピンク系の化粧下地を選ぶようにしましょう。肌に透明感があったり華やかさを演出してくれる効果があるオレンジ系の化粧下地は、くすまない肌にはおススメですが、くすんでいる肌には逆効果なので、避けた方がよいカラーかもしれませんね。

 

化粧下地の使い方をご紹介しましょう。カラーのついている化粧下地を使う場合には、楠美が気になる部分のみに使うのがおススメです。スキンケアで肌の調子を整えた後に、少量を指先で、肌に叩き込むような感じで塗っていきます。クリーム状だからと言ってマッサージするように塗るのはNG。叩き込むようにトントンとくすみやすい部分に塗布していきましょう。トントンする事によって血行促進効果なども期待できるので、血行不良が原因で肌がくすみやすい人なら、更に大きなくすみ改善効果が期待できるかもしれませんよ。

 

くすみ防止効果がある化粧下地は、使用する量も大切です。くすみを出来るだけカバーしようと大量に使うのは、ファンデーションのノリも悪くなってしまうのでNGです。少量を効果的に使うのがポイントです。