ヒジやひざは、体の中でも色素沈着によるくすみが目立つ場所です。テーブルや机に肘をつくのが習慣になっている人は、肘が色素沈着でくすんでいるかもしれませんし、床に膝を立てて座ったりする事が多い人は、膝小僧の部分もどんよりとくすんでいる事が多いものです。特に、膝のくすみは生活習慣が原因で慢性化しているくすみなので、一朝一夕にくすみを消し去る事はできません。膝のくすみを改善するためには、膝がくすむ原因を徹底的に取り除きながら、色素沈着を取り除くケアをする事がオススメです。

 

膝のくすみは、顔に出来るシミのようにボンヤリとしたくすみではなく、真っ黒に汚れているような感じで色が茶色に変色しているようなくすみになっている事が多いものです。このくすみを汚れだと勘違いしてお風呂でゴシゴシ擦る人もいますが、ゴシゴシ擦ると、その摩擦によって更に色素沈着が悪化してしまうので、ゴシゴシはNGです。

 

色素沈着してしまった膝のくすみは、肌の表面部分の角質が色素沈着を興している事が多いものです。そのため、お風呂に入って肌を温めてから、肌の表面の角質を取り除くボディケアをしてあげるのが有効です。スクラブやピーリングなど、強制的に角質を取り除くケアをしても良いですが、これらのアイテムはゴシゴシと肌に負担をかける事になってしまうので、使用する時にはあくまでも優しく肌にダメージを与えないように気をつけてくださいね。

 

床などに膝をつくことが多い人は、そうした生活習慣を改善する事も必要です。また、スキニージーンズなどによって膝の部分が服と擦れる事が多い人も気をつけましょう。服との摩擦によっても膝は色素沈着を起こしてしまう事もあります。ジーンズなど、膝との摩擦が気になる服を着る場合には、摩擦を緩和する効果があるクリームなどを活用して、できるだけ膝に摩擦による負担がかからないように配慮してあげる事も良いでしょう。肌の新陳代謝によって、膝の色素沈着も少しずつ改善されていくはずですよ。